【田舎好き専用の結婚相談所↓】

こんにちは!

田舎婚活アドバイザーの奥村です。

 

このサイトでは男性向け・女性向けそれぞれにコラムを投稿しておりますが、農家の男性は常に

  • 田舎だから出会いがない
  • 農業をしている事を打ち明けた瞬間、冷たい態度を取られる

といったことで悩まれています。

 

ただしこの記事を読んでいるあなたは、そんな農家の男性とこそ結婚したい女性ですよね。

農家の人の温かさ、家族構成、田舎の良さはなかなか世の多くの女性には理解されていないようで、農業の嫁不足は本当に深刻です。

そんな中、農家に嫁入りしたい・農家に嫁ぎたいという女性がいることは、イチ農家の娘として本当にうれしく思います。

 

一方で農業の男性と見合いをしたいけどコネもない、どこで出会えるかもイマイチわからない方だと思います。

という事でこの記事では、農家の嫁になりたい人に向けて、農家の男性と出会える婚活方法についてご紹介します。




「農業に興味がある!」のコミュニティが2200名、

「農家のお嫁さん募集」のコミュニティが220名を突破↓

農家に嫁ぐ最も簡単な方法は、農家が嫁を募集しているサービスを利用すること

結論から言いますと、田舎婚というサービスが最も便利です(後で他の婚活もご紹介しますのでご安心ください)。

このサービスは

  • 農業や酪農家など、第一次産業を中心とした田舎に住んでいる男性と
  • そんな田舎に移住したい女性

をマッチングさせるオンライン結婚相談所です。

 

このサービスの何がいいのかと言うと、例えば一般的な婚活パーティーや結婚相談所ですと、あなたの住んでいる地域の近くの男性としか出会えないと思います。

広大な大地で本格的に農業をやっているような男性がわざわざ都会まで出て婚活に参加しませんので、もし仮にあなたが都会にお住まいなら、彼らと出会う機会はほとんど皆無でしょう。

 

ただ田舎婚の場合はネット婚活なので全国の男性会員さんとやり取りできますし、その上「女性が田舎に嫁ぐことが前提」になっているので、例えばあなたが東京にお住まいだったとしても、北海道や沖縄に住んでいる男性にアプローチできますし、また男性側も女性が移住してくれることを知っているので、真剣に結婚を考えてくれます。

これがマッチングアプリのような”近くに住んでいる人と出会うための婚活”ですと、いくら遠方の方に連絡しても「すぐに遊べないから」と言う理由で無視されることが非常に多いです(そもそもアプリは真剣な人が少ないというのもありますが)。

 

一方で田舎婚であれば、あなたがどこにお住まいかは一切関係ありません。

北海道の広大な大地で農業を手伝うもよし、九州の阿蘇の山のふもとでのんびり暮らすもよし、沖縄でサトウキビを育てるのも良しです。

どなたにアプローチしても、住まいが理由でお見合いを断られたりすることはありませんよ。

 

 

ちなみに田舎婚は現在、初期費用・成婚料無料のキャンペーン中です。

実際にお見合いを申し込む段階では完全月額制のプランに入る必要がありますが、無料会員でもお相手を探すことは出来るので、良い人がいなければ無料のまま退会も出来ます。

ぜひ利用してみてください。

田舎婚:https://inakakon.jp/

 

その他の、農業をしている男性との婚活について

最も効率的に農家の嫁になるには田舎婚がおすすめですが、他にもいくつか婚活方法があるのでご紹介しますね。

友人や親などに、農家の知り合いを紹介してもらう

「紹介してもらえる伝手があるなら、とっくに紹介してもらってるよ!」と言う声も聞こえそうですが、農家の婚活に関しては非常に有力な方法なので、一応ご紹介しておきます。

知人からの紹介ということは、お相手の身元もしっかり保証されますし、事前に農業の中でも何を作っているのか、どんな人柄なのかなどの情報収集をすることもできます。

 

下手にマッチングアプリで知り合って「全然違う!騙された!いきなり連絡取れなくなった!」なんて事にもなりません。

それに結婚までには一度は何かしらのトラブルもあるのが婚活ですが、そんな時も関係が希薄なマッチングアプリだと男性に”即切り”されることもありますが、紹介者がいる場合はその方が相談に乗ってくれたり、また相手の男性も変な別れ方をすると影響が出るので、二人の問題について前向きに話し合ってくれるかもしれません。

 

一方でデメリットとしては、お断りするときや離婚することになってしまったときに、言い出しにくいということですね。

絶対と言っていいほど、引き止められるでしょう。

それさえ構わないのであれば、やっぱり紹介してもらうのは農家との婚活でも有力な方法の一つです。

婚活パーティーに参加する

婚活パーティーは、昔は「農家の男性限定の婚活パーティー」といったコンセプト型のパーティーを大手が開催したりしていたのですが、採算が合わないためか最近はほとんど全く開催されておりません。

ただ今でもJAや市がお見合いパーティーを開催していることはありますので、地域と数は限られますが、もし近くで開催されている場合は参加してみても良いかもしれません。

 

費用は女性は無料なことも多いですし、一度に沢山の農家の方と話せるので、相手の方のお家へ嫁いだらどんな仕事が待っているのかを聞くことができて将来のビジョンを考えることができます。

またこういったパーティーに参加している女性はもれなく農業に興味があるため、例えば「農家の嫁」として悩みを相談し合ったり、家業を手伝う際は農業初心者や女性にしか感じられない悩みを互いに相談することもできます。

 

ただし、

  • 出会える人間は近くに住んでいる方のみ
  • 参加する時点でお金がかかるが、必ずマッチングできるとは限らない
  • 開催頻度が半年~1年に一度など、少ない
  • 開催されている地域も限定されている

といったデメリットもあります。

 

※関連

農業に特化した婚活パーティー・お見合いツアー・イベントまとめ

ネットで販売されている野菜を購入する

最近ではネットで野菜を販売されている農家さんが多いですが、野菜を購入し野菜に関する質問をすれば大概はお返事が返ってきますので、割と簡単に生産者さんの知り合いを作ることが出来ます。

一人でも知り合いがいれば後は色々なルートで独身男性を紹介してもらえますし、実際に農家にお邪魔をして作業をしている場所へ遊びに行ったり、農業体験をさせてもらっている内に、様々な農業男子と知り合えるはずです。

SNSで農業男子と連絡を取る

最近は野菜作りの様子をTwitterやYoutubeを通して発信している方もいますので、彼らと連絡を取るのも良いでしょう。

私の友人はどうしても農家の嫁になりたくて、農業関係者にいい人がいないか片っ端から声かけをして、有機農家さんと結婚しました。

ボランティアに参加する

私もボランティアには参加したことがありますが、こちらも簡単に農家の男性と出会える方法です。

農作業を実際に体験出来たり、ボランティアのお礼に新鮮な野菜を貰えたりするので、農業や野菜が好きな女性には趣味としてもオススメしたいですね。

農業研修や農業講座に参加する

田舎や地方では農家になりたい人、もしくは実家が農業している人が通っている農業研修や農業講座が結構開かれています。

これらの活動は農業従事者と出会う機会が沢山ありますし、農業は人手不足なのでかなり重宝されます。

もちろん女性不足の業界に飛び込むわけですから、かなりモテると思います。

将来的には農業を手伝い方には特におすすめです。

農家の男性と関わる仕事に就く

こちらの記事でもありましたが、例えば農機具を扱う会社やJA、もしくは田舎の売店や道の駅、農協に就職して自然な形で農家の男性と出会う方法もあります。

メリットとしては窓口などで相手のご両親を知っているので、結婚してから「こんな舅、姑は嫌だ!」ということはないと思いますよ。

 

 


以上が、農家の男性と知りあう方法でした。

意外と出会うきっかけは沢山あるので、ぜひ身近なところから試してみてくださいね。

田舎好きのパートナーと出会うなら

  • 「田舎暮らしパートナー探してます」:850名
  • 「農業に興味がある!」:2200名
  • 「農家のお嫁さん募集」:220名
  • 「漁業!海で働く人」:70名
その他「実家は酪農」「牧場で働いています!」「馬の牧場に嫁ぎたい!」などの田舎系コミュニティが多数あるマッチングアプリのペアーズ