【田舎好き専用の結婚相談所↓】

こんにちは!

田舎婚活アドバイザーの奥村です。

 

突然ですが、田舎や地方の嫁探しって本当に難しいですよね…。

実はこの記事を書いている今、私は九州の田舎にいるのですが、そもそも若い女性が外を歩いているのをほとんど見かけません。

田舎では結婚相手が見つからない以前に、そもそも出会いを見つけるのが難しいんですよね。

 

そんなこともあり、都市部に遠征してまで婚活をすることを考えている男性も多いのではないでしょうか。




「田舎暮らしパートナー探してます」のコミュニティが850名を突破↓

田舎で婚活が難しいから、東京や大阪などの都市部で婚活するのはどう?

もし将来的に都会で生活をされる予定であれば、東京や大阪、もしくは福岡や名古屋などの地方都市に出張して婚活をするのもアリでしょう。

ただし、もし

  • 将来的には田舎で生活をしたかったり
  • あなたが田舎の自営業の長男で、最終的には仕事を継ぐ予定だったり

する場合には、はっきり言って都市部に行っての婚活は時間とお金の無駄です。

 

これに関してはこちらの記事のアンケートを見ていただいてもわかると思いますが、普通に婚活をして出会う女性の95%は、田舎に住みたくないと思っているからです。

都市部の女性が出会いたいのは、あくまでも都市部でスーツを着て働いている男性です。

 

そのため婚活中に、自分が田舎に住んでいること・実家が農家なこと・長男であること等を伝えた瞬間、非常に冷たい対応をされた…なんて話はよく聞くことです。

この難しさがあるからこそ、巷では「田舎では嫁募集をしても嫁が来ない」「田舎の長男は結婚できない」と言われているわけです。

田舎や地方で最もオススメの婚活方法は、「田舎に移住したい」という女性限定のオンライン結婚相談所

実は田舎婚という、

  • 田舎に住んでいて結婚したい男性と
  • 田舎に移住したい・嫁ぎたい女性

がマッチングできるオンライン結婚相談所があります。

 

まず田舎婚に登録している女性は全て、自分の意思で田舎に移住したい女性です(最近は都会に疲れて田舎で生活したい人が増えています)。

そのため田舎の事情についても当然理解しているので、例えば

  • もし男性が農家の長男である場合、将来的には農業を継ぐ可能性がある事
  • その際に、もしかすると妻にも農業を手伝ってもらうことがある事(むしろ田舎婚の場合は手伝いたい女性が多いですが)
  • 義両親との同居
  • 田舎は都会に比べて平均年収が低く、また学歴も高卒以下の方が多い事

などは充分に納得されています。

 

また田舎婚は女性が田舎に嫁ぐことが前提になっているので、女性の住まいがあなたの地域から離れていることは全くハードルになりません。

つまり登録している全国の”田舎に移住したいと思っている女性”が結婚相手の候補になるので、仮に田舎に住んでいて地元に出会いがなかったとしても、出会いに困る事は無いと思いますよ。

 

 

ちなみに田舎婚は現在、初期費用&成婚料が無料キャンペーン中です。

実際にお見合いを申し込む段階では月会費のみかかりますが、無料会員でもお相手を探すことは出来るので、登録して良い人がいなければ無料のまま退会も出来ます。

ぜひ、利用してみてください。

田舎婚:https://inakakon.jp/

 


スポンサードリンク
結婚サービス比較.com

結婚相談所以外の、地方の婚活方法のメリット・デメリット

田舎で結婚が出来ないと嘆いている時点で、例えば知り合いから紹介してもらう等は既に試されていると思います。

ここでは田舎や地方の婚活としてよく話に挙げられる、マッチングアプリと婚活パーティーについてご紹介します。

マッチングアプリのメリット・デメリット

マッチングアプリはとにかく人数が多く、田舎でも意外と若い女性が登録されています。

メリットとしては

  • 田舎好きな女性を見つけられる
  • 予め自分の職業を相手に伝えられる
  • お互いに興味が出てから初めて会うので、婚活パーティー等と比べると時間的にも金銭的にも効率がいい

というものがあります。

 

逆にデメリットとしては

  • 大勢の人との同時進行になるので、ライバルが多い
  • 恋活友達作りから始めている方が大半なので、結婚まで考えている人ばかりではない
  • 一般女性向けのアプリなので、会員数は多くても田舎に憧れを持っている女性の数が少ない
  • 殆どが近場で出会いを探している女性である一方で、超田舎の場合はやっぱり登録している女性は少ないので、出会いのチャンスは多くない

というものがあります。

「今すぐ絶対に結婚したい」と言う場合は結婚相談所の方が早いですが、アプリは月会費も5000円以内と安いため、とりあえず登録し活動してみて損はしないと思います。

会員数最多で田舎在住の人と出会いやすいペアーズはこちら

婚活パーティーのメリット・デメリット

婚活パーティーは結構田舎でも開催されているので、出会いのきっかけとして参加するのは結構おすすめです。

ただし、やはり田舎は参加人数が少ないため

  • 田舎のレベルによっては、開催頻度がかなり少なくなる
  • 参加しても毎回メンバーが同じ
  • 男性の参加者がほとんどで、女性の参加者がかなり少ない
  • 主宰者の知り合いの女性を人数合わせの為に婚活の意思とは関係なく参加してもらっているため、カップリングしない

こういうことは頻繁に起こります。

 

特に田舎は顔見知りが多いので、婚活しているのを知られたくないという事で婚活パーティーに参加しない女性は多いです。

そう考えると、やはり全国の女性と真剣に婚活が出来る田舎婚の方が、効率が良いのかなと思います。

 

※関連

【婚活パーティー】田舎に移住したい・田舎で出会いたい人向け3選

オマケ:田舎に興味がない女性を、少しでも田舎に呼ぶためのコツ

田舎婚のような「そもそも田舎に興味がある女性」ではなく、ごく普通の女性をターゲットに婚活をする場合に、少しでも上手く行くコツをご紹介します。

それはズバリ、田舎や過疎地の良さをアピールすることです。

空気良い、水がうまい、自然がいっぱい、おいしい特産品がある、子供をのびのび育てられる等、田舎にしかない良いところもあり、実際に来てもらうと「イメージと違った」とおっしゃる女性も多いです。

 

キャンプやアウトドアがお好きな女性の場合は、実際に一度田舎に来ていただいて

  • 毎日BBQが楽しめること
  • 新鮮な野菜や魚介類が食べられること
  • 焚火をたきながら食事が出来ること
  • 山に自生するキノコが食べられること
  • 清流があればホタルも見られること

など、田舎の人にとっては当たり前でも都市部の人間には映画のような世界もあるので、そういったところをアピールすれば(思っているよりいところかも)と、心変わりされる方も多いですよ。

頑張ってください!

田舎好きのパートナーと出会うなら

  • 「田舎暮らしパートナー探してます」:850名
  • 「農業に興味がある!」:2200名
  • 「農家のお嫁さん募集」:220名
  • 「漁業!海で働く人」:70名
その他「実家は酪農」「牧場で働いています!」「馬の牧場に嫁ぎたい!」などの田舎系コミュニティが多数あるマッチングアプリのペアーズ