2021年におすすめの農家の男性・嫁ぎたい女性の婚活方法

こんにちは!

田舎婚活アドバイザーの奥村です。

 

この記事では

  • 現在、農業・農家をしていて結婚したいと思っている男性
  • そんな農家の男性と結婚したいと思っている女性

に、2021年からはどのように婚活を進めていけばいいかについてご紹介します。

農家で育った私の経験や、改めて農業従事者の方に聞いたオススメの婚活法なので参考になれば幸いです。

 

※定番の農業関連の婚活はこちら

農家と農家に嫁ぎたい女性のお見合いに特化した結婚相談所4つ

農業に特化した婚活パーティー・お見合いツアー・イベントまとめ

農業従事者と農家と結婚したい女性限定の婚活アプリ・サイト一覧




「農業に興味がある!」のコミュニティが2200名、

「農家のお嫁さん募集」のコミュニティが220名を突破↓
pairs2

はじめに:男女共にオススメな「田舎婚」を紹介

これから男女別々に2021年におすすめの婚活法をご紹介しますが、男女共通でお勧めしたい婚活に「田舎婚」があります。

 

田舎婚は、

  • 農業や漁師など第一次産業を中心とした田舎に住んでいる男性と
  • 田舎に嫁ぎたい女性

をマッチングさせるオンライン結婚相談所で、例えば

  • 男性は農家に理解のある、むしろそんな農家をしている男性だからこそ結婚したいと思っている女性を探せる
  • 女性も、通常の婚活ではなかなか表に出てこない農家の男性と出会える

というメリットがあります。

 

また他の婚活では、基本的には近場に住んでいる方としか出会えませよね。

農家に嫁ぎたい女性が理想的な土地で農業をしている男性にアプローチをしても、住んでいる場所が遠い時点でスルーされます。

また田舎に住んでいる男性は、そもそも田舎に住んでいる時点で出会いがないでしょう。

 

ところが田舎婚の場合は女性が田舎に移住することが前提になっているので、

  • 農家の男性が、都会で働いている女性に「こっちに来ませんか」とアプローチしても
  • 女性が、遠方の移住したい地域に住んでいる男性にアプローチしても

双方が真剣に結婚について考えてくれるシステムになっています。

 

 

ちなみに田舎婚は現在、初期費用・成婚料が無料キャンペーン中で、今ならお祝い金まで貰えます。

実査にお見合いを申し込むまでは月会費もかからないので、例えば登録して良さそうな男性が見つからなければ、無料会員のまま退会することもできますよ。

ぜひ、利用してみてください。

田舎婚:https://inakakon.jp/

 


それでは、結婚相談所のような昔ながらではない、2021年以降だからこそ使える婚活についてご紹介しますね。

2021年にオススメの農家の男性の婚活法

2021年からはコロナ禍、そしてインターネットが婚活のキーワードになります。

ボランティアを募集する

まず農家の男性は、これを機に実家の農家のボランティアを募集してみてください。

そもそも農家に嫁ぎたい女性は農業自体に興味を持っている事が多く、仮にボランティアでも喜んで参加してくれます。

それこそ同じボランティア先に毎月のように参加している若い女性も沢山いらっしゃいますから。

 

実際に実家の農作業を手伝ってもらえるため、例えばついでに実家で何か食べてもらって、家族と知り合いになってもらう事も出来ます。

また他の婚活と違い先に実家の農業の実態を見せられるため、例えば”良い感じになってから農業で引かれる”と言ったこともありません。

SNSで農作物を作っている姿を発信する

コロナ禍によって人との接触や外出が制限されているので、街コンや婚活パーティーのような大勢の人が集まる場で出会いを探すのは、少し非効率なのが現状です(そもそも農家と言うだけで女性に嫌がられる事も多いですが)。

ただしコロナの影響で田舎の生活や地方移住、自然との暮らしに憧れる人がかなり増えています。

 

またコロナ不況により、食糧危機がやってくると予想している人たちも多いです。

ですから、ビフォーコロナと比べて農家に対するイメージはかなり良くなっているのではないかと思います。

 

田舎暮らしや自然の美しさ、収穫した野菜のおいしさなどを伝えたり、そこで農業をする独身農家さんたちを紹介するサイトや動画を作り、オンラインで流すのが今後のトレンドになるでしょう。

例えばTwitterで写真と共に農作物を育てる様子を紹介したりYouTubeで動画を発信するなどすれば、下手に婚活をするよりも何倍も多くの女性と交流を持つことが出来ます。

農作物をインターネット販売し、お客さんとやりとりをして親交を深め、出会いを広げるというのもありです。


スポンサードリンク

2021年に農家に嫁入りしたい女性にオススメの婚活法

基本的に農家では、女性はいつでもウェルカムで大歓迎されますよ。

ボランティア活動に参加する

農家の男性と出会える最も確実な方法は、農家のボランティアに応募することです。

実はボランティアを募集している農家は山のようにありますし、仮に嫁入りして農業を手伝う場合、事前に自分にはどんな農業が向いているかもわかります。

 

また仮に応募先の農家の息子が既婚でも、田舎はとにかく女性が少ない上、農家同士の人脈は広いため、例えば「他の農業も手伝いたいから、知り合いを紹介してほしい」、もっと直接的でいいなら「婚活をしているから、だれか農家の男性を紹介してほしい」と言えば、喜んで紹介してもらえます。

宅配野菜を購入し生産者と知り合う

野菜を個人的に宅配している農家も、全国にはたくさんあります。

こういったところから野菜を取り寄せて生産者と知り合いになり、「野菜がおいしかったので作っている所を見たい」「農業体験をさせてもらいたい」と言えば、喜んで呼んでくれる農家は多いです。

 

そして先ほど同様、一人でも知り合いが出来れば、後は色々なルートで独身男性を紹介してもらえますよ。

また自分の好きな農作物の産地の市町村の役場に問い合わせれば、市町村主催の婚活パーティーがよく開かれているので、そちらに参加するという方法もあります。

農業研修や農業講座に参加する

農家さんになりたい人、または実家が農業している人が通っている、農業研修や農業講座が地方には結構あります。

そのような活動を通して、農業従事者と出会う機会がある場所へ訪れてみると良いでしょう。

 

人手不足でもありますので、農業に興味がある人は大歓迎されますから。

それぞれの自治体に問い合わせをして、どのような内容の研修があるかや日時など自分で調べて知る必要がありますが、自分も学びながら同じ目的をもって作業したり、積極的な女性はどんどん動いて行くと思います。

 

 


以上が、2021年のオススメの農家の男性・そして農家に嫁ぎたい女性におすすめの婚活法でした。

農家の嫁不足は最近拍車をかけておりますので、一人でも多くの方が結ばれることを祈っています。

田舎・第一次産業の出会いコミュニティなら

  • 「田舎暮らしパートナー探してます」:850名
  • 「農業に興味がある!」:2200名
  • 「農家のお嫁さん募集」:220名
  • 「漁業!海で働く人」:70名
その他「実家は酪農」「牧場で働いています!」「馬の牧場に嫁ぎたい!」などの田舎系コミュニティ多数のペアーズ

pairs2